様々な業界で大人気なアクリライトやアルミ鋳物|新製品技術開発

金属

多くの分野で使われる

多くの製造業で使われているプレス機や鋳造、ダイカストなどで使う金型はそれぞれによって特徴があり、使い道も異なります。プレス機用の金型にもいろいろな種類があります。抜き型や曲げ型、絞り型や圧縮型があります。材料もそれぞれによって異なり、鉄板や非鉄金属などを加工します。加工された製品は自動車や家電、雑貨など幅広い分野で部品として使われます。
鋳造用の金型は、熱間鋳造や冷間鋳造があり、それぞれ適切な金型を作ります。金属用と非鉄金属用の金型があり、自動車のクランクシャフトやオートバイの部品、ジェット機のファンなどに使われています。それぞれ金型を使って部品を作っていますが、部品を作るために金型を作っている企業が多くあります。金型専門の製造業があり、金型を作るために部品加工などを行なっているのです。部品加工を行なって金型ができるまでの流れを知っておくことは、今後利用するときに必要になってくるので知っておきましょう。金型を作ってもらうときには、依頼をして打ち合わせをします。そして設計を行い、加工データを作ります。加工データは、キャドで3D モデルを作り、美品加工をされる流れを確認することができます。データができるとマシニングセンタに入力し、実際に部品加工していきます。金型を作るときには、穴あけや荒取り、仕上げ加工を行ないます。自動車などの部品になるときには、この金型の精度が求められるので精密器械を使ってしっかりと部品加工をしていきます。そして熱処理をし、仕上げ加工や放電加工、ワイヤ放電加工や磨き、測定や組み立てをすると金型が完成です。そして試しに製品を成形します。ここで確認ができると企業に提供してくれます。しっかりとした工程になっている外注業者を探して依頼をしましょう。