様々な業界で大人気なアクリライトやアルミ鋳物|新製品技術開発

金属

含まれている金属

世の中には、多くの部品を使っていろいろな製品を作っています。その中でもアルミ鋳物で部品を作っていることが多くあり、自動車や電気機械、一般機械や二輪自動車など多くの分野でアルミ鋳物が使われています。アルミ鋳物を作るときには色々な精製方法がありますが、最も多く使われている方法がダイカストです。ダイカストでアルミ鋳物を作るととても手軽に多くの製品が作られます。またアルミ鋳物は、継承で耐食性に優れています。経年寸法の変化も少ないので、ダイカスト合金の中では最も優れており、様々な分野で使われているのです。アルミ鋳物は、多くの産業分野で使われています。また、アルミ鋳物の性質によって、特徴や使用部品の例が異なります。アルミ鋳物の中にケイ素系を含ませることでチア植生や鋳造性がよくなります。自動車のメインフレームやフロントパネルなどに使われています。また、そのアルミ合金の中にマグネシウム系が含まれることで衝撃性と耐食性が良くなるでしょう。しかし、鋳造性が悪くなります。そのため、自動車のホールキャップや二輪クランクケース、船外機プロペラなどで使われることがあります。アルミ鋳物でも含まれている金属によって性質が変わり、それに適した用途が異なってきます。なので、アルミ鋳物を利用するときには、使う目的等をしっかりと明確にしておくことが大切です。そうすることで適切なアルミ鋳物を外注業者に依頼することができるでしょう。